Windows UpDate情報

2013 年 8 月のセキュリティ更新プログラム
2013.08.14

 

セキュリティ情報 更新の内容 サポート技術情報
MS13-059 Internet Explorer 向けの
累積セキュリティ更新プログラム

2862772

MS13-060 Unicode スクリプト プロセッサの脆弱性により
リモートでコードが実行される

2850869

MS13-061 Microsoft Exchange Server の脆弱性により
リモートでコードが実行される

2876063

MS13-062 リモート プロシージャ コールの脆弱性により
特権が昇格される

2849470

MS13-063 Windows カーネルの脆弱性により
特権が昇格される

2859537

MS13-064 Windows NAT ドライバーの脆弱性により
サービス拒否が起こる

2849568

MS13-065 ICMPv6 の脆弱性により、サービス拒否が起こる

2868623

MS13-066 Active Directory フェデレーション サービスの
脆弱性により、情報漏えいが起こる

2873872

 

更新プログラムの自動入手

自動更新機能が有効になっている場合、更新プログラムは既にインストール済みになっている
可能性があります。自動更新機能の詳細については、「コンピューターの自動更新」を参照してください。

自動更新機能が有効になっていない場合、または更新プログラムが必要かどうかを確認する場合は、
Microsoft Updateにアクセスしてください。

 

Microsoft セーフティとセキュリティ センターより
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
© 2013 Microsoft. All rights reserved.